「半沢直樹」続編はいつから?

大人気のTBSドラマ「半沢直樹」、続編が待ちどうしいですね。

先日はTBSの石原俊爾社長自身からも

「一人の視聴者・ファンとして続編を期待する」

とのコメントがあったぐらいです。

さすがにテレビ局も1企業なだけに軽はずみなことは発表しません。
また、経営戦略的にも「社外秘」としていくつもコードを設定しているのでしょうね。

視聴率右肩上がり、話題騒然の中迎えたあの最終回のラストシーンは、

「続編をお楽しみに!」

という布石を残したとしか私には思えませんでした。

皆様はいかがだったでしょうか?
続編の情報はいろいろとあるようですが、実のところ確定的な話題はないのが現状です。

監督は映画化での意欲を語り、テレビ局側は社長の会見でもあった通り、一貫して「検討している」
のスタンスを貫いています。

rosji_02しかし、各ブックランキングでも数週にわたってトップ独走をしている原作の「ロスジェネの逆襲」。

TBSはこの原作興行権なるものを独占したという噂もあります。
本当であれば、これはもうシリーズ続編は間違いないでしょうね。

テレビ局側としてもこれだけの視聴率を取れるソフトをだまって寝かしておくはずがありません。
まあ、映画とドラマの2本立て戦略も十分考えられるでしょう。

実際過去にもフジテレビの大ヒットドラマ・映画「踊る大捜査線」はその戦略でした。
出向先の東京セントラル証券から始まるであろう続編のタイトルはなんでしょうね?

単純に「半沢直樹パート2」なのでしょうか。
おそらく、シリーズ化と映画化をクロスリンクさせてくる、という戦略を前提とすると(あくまで私見です)、

ドラマは「半沢直樹○○~」映画は半沢直樹はサブタイトル。
つまり、原作名+アルファをズバリ持ってくる、のではないでしょうか。

なんといっても「半沢直樹」自体がすでにブランド化しています。

他にブランドをささえるビッグキーワードもみどころです。

tyuuou_b01「倍返し」、「土下座」、家庭の食事風景、各地のロケーションなど。

期待する楽しみどころ満載です。
TBSも相当な嬉しいプッシャーが相当かかっていることでしょうね。

監督の福沢克雄さんも一躍時の人となりました。
もちろん続行するのでしょう。

福沢克雄監督いわく「ロスジェネの逆襲」の内容に比べれば、ドラマ「半沢直樹」は
10分の1の内容である。との話。

そのぐらい複雑で面白い内容、ストーリー展開なのです。

hannzawa_a03

さて今度は「○○○倍返し」がやはり出てしまうのでしょうか(笑)
大いに期待しています。


遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る