伝説の最強ボスザル「ベンツ」最終の”ピーナツテスト”で王座奪還!

大分市の高崎山自然動物園の伝説のボスザル「ベンツ」
一時行方不明から帰還し、再びボスに返り咲いた。

 

史上最年少でB群(約200頭)のボスの座に就任したベンツ。
C群の雌ザルとの女性問題?スキャンダルにより2年であえなく失脚。

 

この愛すべき、大人気の名物猿の過去は凄まじい。
驚愕の「ケンカ」エピソードを今1度振り返ってみたい。

bentu_a01

bentu_h02B群の第9代ボスに就任
1987年に最年少9歳でボス猿となる。

・ベンツは体が大きく貫禄もあり喧嘩も強い。
(名前「ベンツ」の由来です)

気性は洗いが仲間間の取りまとめも
非常にうまい。

・かつてないほどの統率力に加え
ハンパない度胸。

それは訪れる観光客の話題となり、
熱烈なファンも増えた。

 

 

・大所帯C群(800頭)のメス猿に恋をしB群ボスの座を失脚。
というか、一途に追いかけていったためB群ボスの座を自ら捨てた形となる。
(文字通り一途ですよねえ。。)

bentu_h01・しかし、何故かそれからC群では20年もの
あいだベンツは頭角を表さなかった。

B群のボスとは言えよそ者です。中々受け入れてもらえなかった。

当時は、メス猿に完全にやられ腑抜け状態になっていたベンツです。

 

持ち前の貫禄、迫力に欠いていたのでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

腑抜けベンツは4ヶ月ほどでようやくC郡に受け入れられてもらいました。
しかし、その時すでに格は最下位

ぺえぺえでくすぶること20年
年齢も人間で言えば100歳に相当するベンツは隠居状態。

bentu_q04

 

しかし、

 

2002年6月、高崎山の餌場では史上最大の大抗争が勃発!

 

・世界最大の群れと言われる巨大勢力のA群C郡を上回る800頭以上
当時のC群ボス{ゾロ」始め、誰も手をだせない恐怖勢力A群である。

いつものように餌場は我が物顔で1番に陣取るA群。
睨み合いながらも手を出せないC群は後ろ手で待機状態。

 

その状況についにベンツが切れました!

 

なんとベンツ一匹でA群800頭以上の群れに飛び込んでいきました。

bentu_q05噛み付く!

投げる!

蹴散らす!

尋常じゃないベンツのド迫力に、群れはボス猿「ゴルゴ」始め
蜘蛛の子を散らすように山に逃げ帰って行きました。

いやあ、そのニュース映像見ました。
ハンパなかったす!(´;ω;`)涙

 

次の日から餌場にはA郡は一匹も姿を見せなかったのです。
なんと「高崎山」開園の歴史上始まって以来の、

 

A郡が完全消滅してしまった!

関係者もこれにはビックリだそうです。

・以来、A群残党は遠くでベンツを見かけるだけでも即逃げまどうように。
その時の様子は犬(天敵)を見たような激しい反応だったらしいですね。

そしてベンツはC群ボスに返り咲きます。
ただしスムーズにいったわけでも無いようですよ。

長老組からのブーイングにあったり、
しかし、多くは若者の大多数の信頼と支持を得た。

 

bentu_q03実際にメルセデス・ベンツ日本支社長から表彰されました。

ベンツの栄光と人気を称えて表彰式のイベントがあり盛り上がりました。

 

そして2013年9月13日失踪

 

・また、メス猿を追っかけていなくなったのか?
高齢のため、習性で最後の地を求めひっそりと姿を消したのか。

・高崎山自然動物園の担当者は寿命説は否定。
姿がなくなる前日は、とても元気よく動き回っていたという。

 

 

・10月1日、懸命な捜査活動の末、17日ぶりに保護される。

bentu_q01

大分市内でフラフラしていたらしい、迷ったのだろうか。

bentu_q02

 

復帰祝いコンサート/歌手の松原のぶえさん

bentu_p01

また群れに戻すのは難しいかもしれない。

ましてや群れから離れたあとにボスの座に返り咲く事例は過去にない

・10月4日、不安を抱きながらも山へ戻す。
やはり、慣れ親しんだ高崎山で暮らすのが一番と判断したからだ。

 

★★そしてNo.2「ゾロメ」との政権交代をめぐる戦いが行われた★★

10月18日:「ピーナツテスト」実施。
ピーナツを与え、どちらが先に取るか。その優位性を見る。

飼育員はベンツとゾロメの間にピーナツを投げた

・1回目→ベンツが摂る

・2回目→ゾロメが摂る

・3回目→ベンツが摂る

・4回目→ベンツが摂った!

「3勝1敗」ベンツの勝ちだ

そしてあらためてボスの座に返り咲いたベンツは2頭のサルに
毛づくろいをさせたのだった。

bentu_a02

完全復活の証。

映画「ゴッドファーザー」の世界のようですね^^

前代未聞のボス返り咲きを果たしたベンツ。
今後の動きも見逃せない。

bentu_a03

今、私が最も会いたい熱いヤツ。

 

 



-PR-

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る