ビッグダディ反撃!美奈子さんは救えるのか?

人気の大家族ドキュメンタリー番組「痛快!ビッグダディ」
(テレビ朝日系)で一躍大人気となった美奈子さん。

バラエティ番組に多数出演の他、書籍や映画化、ブログの
ヒットとブレイクはまだまだ続いています。

 

『ハダカの美奈子』半生をつづった自叙伝:セミヌードも披露

中島知子主演の映画になる。(ビッグダディは重松隆志)
さて、ビッグダディこと林下清志さんが女性週刊誌記者に語った

「アイツの涙には一銭の価値もない」

との真意はなんだったのでしょう。

 

 

 

ビッグダディは鼠先輩と親友

いっとき、謎のムード歌謡歌手としてブレイクしたタレント、
鼠先輩(40)は現在「新宿ネズミーランド」というバーを経営しています。

そのそものきっかけは、番組を見てファンになった鼠先輩が、
小豆島までダディを訪ねてからの付き合いだといいいます。

そこで語られたのが前妻との復縁ばなし。
その可能性について、ビッグダディは

「美奈とは1%、佳美とは0%」

などと語っていました。

10月上旬にビッグダディは、1周年を迎えたバー
『新宿ネズミーランド』を訪問。

例の美奈子さんが出演した番組『全力教室』(フジテレビ系)

で号泣したことについて語ったわけです。

それにしても「痛快!ビッグダディ」は何となく終了してしまった感が。。

これには、いろいろと噂もありますが。
テレビ局移籍のしばりの問題。

その”しばり(契約)”が美奈子さんのタレント活動や
ビッグダディ林下清志さんの意向にそぐわない。

また、夫婦間の離婚問題をめぐるしがらみ等も影響して、
番組制作に支障が生じたのかもしれません。

何だか消化不良のような、ちゃんと最終回と見切りが
できないような終わり方。あれ?いつ終わったの。みたいな、でしたね。

「痛快!ビッグダディ」人気の見どころ推移

開始当初はビッグダディを中心とした9人家族の日々の葛藤を綴ったもの。
料理を含めた生活全般のビッグダディの並々ならぬ知恵・努力が話題に。

それが大家族一人々から全体に浸透していきます。
見事な統率力は、他の「大家族番組」と明らかに一線違う魅力がありました。

次第にビッグダディの人気とは裏腹に最初の妻、佳美さんへの批判が集中。
この頃からネットで様々な噂が流れるようになります。

佳美さんと別居~離婚~再開。
この再開の一瞬で実は新たな子供が出来ました。
このあたりからビッグダディの人気に雲行きが。。。

出稼ぎさきでの交際から美奈子さんと結婚。
竹を割ったように爽快で真正直な性格の美奈子さんに人気が集中。

二人のぶつかり合い、ケンカにも視聴者は注目、
新たな人気で番組は盛り上がります。

美奈子さんと別居同然のような生活パターンが続く。
この辺りでは美奈子さん人気が、ビッグダディをしのぎ加速していきます。

美奈子さんの実直な叫びが、女性ファンならず全般に人気を支持する中、
ビッグダディの捉えようのない言動に批判も集中するようになりました。

しかし、男目線から見ると理解できるとの話も少なくない。

・結局、美奈子さんの人気はどん々加速がかかります。
その生き様にメディアも加担し、カリスマタレントが誕生したわけです。

正直に一生懸命生きる姿は誰もが感銘を受けますよね。
ましてや性格が純で、容姿も良ければ人はほっときません。

実は、そのあたりの状況も鑑みての苦言、
「アイツの涙には一銭の価値もない」
だったのかもしれませんね。

 

美奈子さん、実はそんなに稼いでいない?

公式ブログにタレント活動、執筆、公演~、とにかく忙しい美奈子さん。
しかし、そんな状況をビッグダディは常日頃から危惧しているようです。

6人の子供を養っていくのに労働時間と比例してもありえないぐらいに
報酬が低い、と語っています。

確に芸能界は事務所次第で待遇がまるで違うものです。
真意はわかりませんがビッグダディがこの問題を度々語るのは、
それなりの根拠があるからなのでしょう。

半年後には美奈子を救い出す!

番組や、執筆で暴露的に悪口を言われていたビッグダディ。
その状況を含めてこの業界には否定的なのかもしれません。

 

人気はいっときだけ。
ましては薄給でいいように利用されてるだけの状況から
救い出したい、という話も聞かれました。

そんな意味も含めての今回の苦言。

 

実はメディアに向けての苦言を呈したのかもしれませんね。

 


遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る