AKB48新曲タイトルは76文字!? 日本一長いのは??

“一言では言い表せない何か”を感じたという仕掛け人の秋元康総合プロデューサー(55)。

じゃんけん大会上位16人をイメージしながら曲を作ったという。

AKB48史上最長のそのタイトルとは

『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら
僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた
上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』

作曲担当はAKBでも「君のことが好きだから」
「走れ!ペンギン」を手掛けた織田哲郎氏(55)

織田哲郎(本名/濱田哲郎):作曲家、
音楽プロデューサー、シンガーソングライター。

楽曲:TUBE/シーズン・イン・ザ・サン
中山美穂&WANDS/世界中の誰よりきっと
WANDS/世界が終るまでは…
ZARD/心を開いて
B.B.クイーンズ/おどるポンポコリン
~ets

ポエムのような長いタイトルをつけた理由として

「それは、青春のきらめきかも知れないし、少女たちの不可解さかも知れないし、AKBグループとして夢に向かって全力で走るひたむきさかも知れない。そんなことをつらつら走り書きしたようなタイトルにしようと思った」という。

新曲で単独センターを務める珠理奈(SKE48チームS/AKB48チームK)は
長いタイトルについて

 

話題になったらおもしろい、「ファンの皆さんと握手会で、
タイトルについて話をしてみたい」と心待ちに語った。

 

ちなみに、日本一長い楽曲のタイトルは?

BEGINが2002年に発表した

bign_0012「それでも暮らしは続くから 全てを 今 忘れてしまう為には 全てを 今 知っている事が条件で 僕にはとても無理だから 一つづつ忘れて行く為に 愛する人達と手を取り 分けあって せめて思い出さないように 暮らしを続けて行くのです」

まだ上がありますよ~^^!

インディーズなら「内核の波」が発表した、

「すっげー深い穴を見つけたんだ!今から飛降りるよ。存在証明なんかじゃない、この深さなら誰にも見付かる事はないだろ?生まれてしまった償いをしなきゃいけねぇんだ、生きる事と死ぬ 事によって。俺はもう立派に一つの精神として立った。これ以上殺生を繰り返す理由なんて何処にもみつからねぇよ。そもそも人は今しか生きられねぇ、常に生きているのは今だ。でも「今ここ」と想ったその瞬間には既に過去になっているわけで、次々に未来が押し寄せては今を認識する間もなく過去になる。「生」という刹那を証明するのは不可能だろ。証明しようとする時には常に過去のモノとなり生きていたという記憶にすぎねぇ。つー事は生きていようと死んでいようとそんなもんどっちだって同じじゃねーか。だったら俺は希望に向かってスペシャルダイブ! 」

(長い・・・)です。


遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る